蓄熱暖房機取替

修理が必要となる症状について

・蓄熱体が暖まらない(基盤の故障/熱線(ヒーター)の断線)
・暖房の熱が暖かくならない(中の熱線(ヒーター)の一部の断線の可能性)
・温風が出ない(送風ファンモーターの故障、基盤の故障)
・電気料金が高くなった(時間がずれている、時間管理システムの異常)
訪問点検サービス:5,000円
過去に当店で販売・施工しましたお客様については無料で訪問点検サービスいたします。
蓄熱暖房機の故障トラブルについては、同じ症状であっても様々な原因のケースが考えられます。
まずは、お電話でご相談を!

蓄熱暖房機参考構造(スティーベル社エルサーマット®の構造)

蓄熱暖房機の寿命について、電気ヒーターが10年~20年、ファンが5~10年、蓄熱体については半永久的と言われています。
構造も複雑なものではなく、省メンテナンス・高耐久ではありますがヒーター基盤の故障など突発的な故障は機械であるがゆえ可能性は否めないものです。
日々の簡単なメンテナンスが長くお使いいただく上で大切になります。また、使用期間が寿命年数に近い場合の故障は劣化故障の場合が多いため、買い替えがオススメです。
蓄熱暖房の構造
買い替えご検討のお客様はこちらを合わせてどうぞ!
蓄熱暖房取替
蓄熱暖房機メンテナンス1 蓄熱暖房機メンテナンス2 蓄熱暖房機メンテナンス3 蓄熱暖房機メンテナンス4
TOP